付中通信第17号 ANNMIコンサート

2018.12.17  高水高等学校付属中学校長 宮本 剛

今年一年振り返っていたら、付中通信に「ANNMI」について書いていないと気づきました。

「ANNMI」とは、Asia / America New Music Institute=アジア・アメリカ現代音楽協会の呼称です。ANNMIは米国の作曲家チャド・キャノンにより2013年に設立されました。新しい音楽文化交流をアジア各国とアメリカとの間に繋ぐことをその目的として活動が開始。

ヴァイオリニスト五嶋 龍氏をはじめ日本の著名なソリストも名を連ね、世界各地の音楽祭に参加をして、その訪問先たる国々の演奏家と共に、作品を発表することによって、現地の音楽家との交流をはじめ、それぞれの国の文化背景を持つ若い作曲家達の新作への関心や理解を深めることなどを目的に活動を続けているのだそうです。
AANMIは訪問先各地で学校訪問、ワークショップやパネルディスカッション、或いはユースオーケストラ指導などのアウトリーチ活動や地域への音楽貢献を積極的に行い、現在までにニューヨーク・ボストン・ロサンゼルス・ユタ、北京・天津、韓国、そして日本(沖縄)タイ・ベトナム・シンガポールなどで活動し大変な好評を得てきました。

そのANNMIの、世界的にも有名な若手音楽家たち12名によるミニコンサートが6月20日に本校で開催されました。ANNMIは、米国大使館及び米日財団の支援により、日米親善のためのコンサートツアー(演奏会・講演会など)を、6月11日(月)~22日(金)の間、京都を皮切りに西日本各地で行い、その一環として、中高生らとの交流を柱にした学校訪問を希望していました。

山口県内においては、ANNMI代表者が作曲を担当した映画「ペーパーランタン」で縁の深い岩国柳井地域の学校が候補に挙がり、本校が選ばれたのでした。

中学生が現代音楽、しかも生演奏に触れられる機会はめったにないし、世界の最先端を走る名立たる音楽家たちに出会える機会もまずありません。これが私たちの追求する音楽なんだと、中学生にとってはかなり刺激の強い体験ではなかったかと思いました。

当日来校された音楽家の方々・・・

チャド・キャノン(代表者・作曲家)、
梅崎康次郎(尺八)、
マイケル・アヴィタビーレ(フルート)、
デイヴィッド・デイアズイエル(クラリネット)、
ゼナス・シュー(ヴァイオリン)、
ジェシー・クリステソン(チェロ)、
小杉紗代、
スン・ヨン・パーク、
伊藤琢磨、
カルロス・サイモン、
その他総勢12名

 

 

 

付中通信第16号 中六講演会

2018.12. 3  高水高等学校付属中学校長 宮本 剛

中高一貫教育の生徒を対象に毎年1回、外部講師を招聘して講演会を開催してきました。今年度は11月7日(水)、東京で活躍されている大村医師に登壇していただきました。
先生は、耳鼻咽喉科の外科医として鼻の奥にできた腫瘍を取りの除く手術では、この分野における日本の第1人者と呼べる医師です。
この手術は、脳外科医とタッグを組んで二人がかりで行うもので、先生自身が考案されたオリジナルな術法も世界中で高い評価を受けています。言わば、「神の手」の持ち主として、先生の手術を受けるために日本中、いや世界中から患者さんが集まってくるということでした。

先生は教育にも深い関心を持たれていて、若い世代の可能性を引き出したい、できれば何かそのことで役に立ちたいという熱い思いの中で今回の講演を引き受けていただくことになりました。

当日は、医療の進歩と医療で命を救うことに高い志を抱いて今まで努力に努力を重ねてきたこと、そして、中高生たち若い世代がこの志を受け継いでいってほしいと熱く語られました。
講演が終わってからも生徒たちの興奮は冷めやらず、多くの生徒が会場に残り、先生は質問攻めにあい、生徒らの関心の高さがよくわかりました。
そういう意味では、過去最高の中六講演会であったと思います。

また、先生は毎年1回、日本の耳鼻咽喉科のトップ医師による医療チームを組織してカンボジアでの活動をもう10年以上に亘って続けてこられました。
そういう思いの中で、中高生に現地での活動を直接見て感じてほしいという願いから、岩国ユネスコ協会が来年3月に、中高生を対象としたカンボジアへのメディカルスタディーツアーを企画することになりました。実は本校からも4名がこのツアーに参加することが決まっています。

まさにスーパードクター、何から何まで感服することばかりでした。
以下大村医師の略歴を紹介しておきます。

大村和弘(おおむらかずひろ)
東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科教室

2004年 東京慈恵医科大学卒業
イギリスセントトーマス病院での短期臨床留学、総合病院国保旭中央病院で初期臨床研修、
救急救命科の後期研修を経て、2006年UCLAの短期臨床実習を終了。
2006-2008年までNPO法人JAPAN HEARTを通じて、ミャンマーでは村々を回り、
被災地に根付いた文化や医療システムを活かした支援、
また、カンボジアではJICAの短期専門家として現地の救急医療スタッフ育成に従事。
2016年より大学病院での活動の傍ら、2017年NPO法人Knot Asiaを設立。
遠隔コミュニケーションシステムを利用し医療や日本国内をはじめ韓国の医学生の教育に携わり、
特にアジア諸国とのより良い関係構築に貢献。
現在は、「医療と教育でアジアを繋ぐ」「気道トラブル0」「美しい手術」、この三つを
モットーに、フィールドは日本を越え、アジア各国でも医療活動・レクチャーを継続し、活躍中。

実際の活動の動画は下記URLから https://www.youtube.com/watch?v=Umka5g-PTMA

付中通信第15号 ポールケインがやって来た

2018.11. 15  高水高等学校付属中学校長 宮本 剛

本校には海外に2つの姉妹校があります。

初めての姉妹校はカナダのアルバータ州という大変寒い地域にあるポールケイン高校でした。この学校とは、カナダの高校生を日本に招聘し、日本の高校生をカナダに派遣するという外務省事業にユネスコスクールの中から本校が選ばれ、委託されたことが機縁となり、1年がかりで姉妹校の協定を結ぶことができました。2014年のことでした。

2つ目の学校は、オーストラリアのクイーンズランド州というグレートバリアリーフに面した温かい地域にあるサザンクロスカトリックカレッジです。この学校とは、校長本人が本校教員と旧友であったという因縁から、急激に惹かれ合い、初めてサザン校が来日し、本校を訪問した際、校長同士が意気投合、一気に姉妹校協定まで登り詰めました。2016年のことでした。

現在、この2校とは隔年で交互に短期留学を実施しています。本校から見ると、毎年どちらかの姉妹校から留学生を引き受けているということになります。

ところで、ポールケインが先ごろやってきました。生徒8名引率2名、総勢10名のカナダ人を迎えて、生徒たちは1週間足らず、異国の来客と一緒に授業に臨んだり、アトラクションを楽しんだりしました。

さて、ここで一つ、説明しにくいことがあります。というのは、カナダの、少なくともアルバータ州の高校に共通した制約についてです。高校生は引率と一緒でなくては、ホームステイ先にバディーと一緒に宿泊できないのです。いったい、なぜ? これをうまく説明できる人とこの解消法を、ずっとずっと探し続けています。

そこで、この解消法が見いだせない間は、当面、わが拙宅に引率の先生と一緒に高校生諸君を宿泊させることになりました。もう、これで2回目です…。

付中通信第14号 学園創立120周年

2018.11. 2  高水高等学校付属中学校長 宮本 剛

今年度当初に、学園創立120周年記念誌の制作委員会を立ち上げ、法人当局が中心になって地道な編集作業を続けています。進捗状況は、決して良好とはいえませんが、それでもなんとか前に進んで、最近になってようやく目鼻がついてきました。編集方針の大本にあるのは、創立百周年以降の20年間を高水の新世紀への歩みと捉え、そこに焦点を当てて、今一度関係者とともに振り返ってみられる記念誌にしたいということです。

実は、私自身が本学園に着任し、今年でちょうど丸30年が経ちました。すると、今思えば百周年というのは、ちょうど私が着任してから10年目となります。恩師の一声で東京から高水に帰ってきた時、私はちょうど30歳でした。つまり、40歳の時が学園百周年となり、教員生活を振り返ると、最も元気があって、中堅として今後の学園はどうあるべきか、若いなりにいろいろと悩み、葛藤していたことを思い出します。

完成した記念誌をご覧になれば、はっきりとわかると思いますが、この20年間で何がいちばん変わったかといいますと、それはやはり、学園が地域や世界に向けて大きく開かれていった時代と総括してよいのではないかと思います。

ユネスコスクールの認定を受け、一応このスクール同士の交流という形で、ともかく学園は世界の大きくて大切な思想を他校と共有する学校となりました。この過程で、文化祭は公開され楽学祭となり、国家的な事業の一つを依頼されたことを契機に、カナダとオーストラリアに姉妹校を持てました。今、交換留学が軌道に乗りつつあります。

およそ、こんな20年間を、誰があの百周年の日に想像できたことでしょう!

付中通信第13号 スピーチコンテスト

2018.10.15  高水高等学校付属中学校長 宮本 剛

今年の高円宮杯山口県地区予選会で、本校生徒が1位2位を独占、強豪ひしめく県大会に歩を進めた。優勝は過去18年間に6度あったが、準優勝までさらってきたことはない。そういう意味でたいへんな快挙であった。

いわゆる英語の4技能とは、読む、書く、聞く、話す、というおよそ語学を習得するためには必要不可欠の4つの技能を指している。

しかし、何故今さらこの当たり前のことが声高に叫ばれるようになったかと言えば、従来の学校教育においては、読む(何が書いてあるのかわかるようになる)ことにものすごく重点が置かれ、他の3つ、中でも話す、は特別に軽視されてきたからだ。

誰が考えても明らかなように、言葉について、生活上もっとも有益な能力は言うまでもなく、話す、に決まっている。

聞く、はセンター試験にリスニングテストが採用されてから少しは事情が変わってきていたし、書く、は国公立大の2次試験では出題されてもいたから、入試突破のためにも、それなりに生徒も教師も頑張ってきた。だが、入試が変わらないから、話す・書くに時間を割いてはいられなかった。

だが、もう後には引き返せない。英語教師は4技能をバランスよく指導しなければならないし、その環境作りに、挙校体制で臨まねばならない。

あとは、2020年度から始まる新大学入試、いやその先に待っているグローバル社会で自由にコミュニケーションできる日本人の養成を目指して、まっすぐに進んでいくばかりである。

付中通信第12号 卒業生リレーエッセイ

2018.10.2  高水高等学校付属中学校長 宮本 剛

学園の120周年記念事業の一環として昨年9月から、中国新聞の防長路というコーナーに「天空高き」と題するコラムが連載された。卒業生コラムと称し、7か月間にわたる連載シリーズに高水学園の卒業生14名が登場した。

これまた古い話だが、学園の歴史は明治31年まで遡るゆえ、卒業生の数も優に25000人にも達し、戦前の卒業生の多くはすでに鬼籍となっている。この連載を始めるにあたり寄稿をお願いした方の中で最年長者は鄭忠錫氏。氏はこの通信でも以前紹介した、戦前に韓国から日本に留学した396名の中の一人である。1944(昭和19)年卒、御年92才。韓国留学生中唯一今も元気に活動されている。

そして最年少は、二十歳の慶応大文学部在学中の好中奈々子氏だ。好中氏は高校在学中、全国規模の作文コンクールで何度も最優秀となり、海外研修旅行の副賞をこれまた何度も手にした。私が関わった卒業生中、そういう意味では最強だった。思いは尽きない。

 

付中通信第11号 感動の9月

2018.9.15  高水高等学校付属中学校長 宮本 剛

9月は楽しい。なぜなら感動のシーンにたくさん出会えるからだ。運動会然り。楽学祭然り。

しかし、生徒らは大変だ。感動には苦労がつきものだから。でもその苦労も感動がすべてかけがえのない思い出に変えてくれるから、本当は苦労なんてものも楽しさの中の一コマに過ぎなくなる。そして苦労が大きければ大きいほど感動が大きいことを体験させることが、われわれ教師の一番大切な役割である。

以下、「楽学祭」パンフの中校長挨拶文からの引用です。

”Tenth anniversary.”

楽学祭開催おめでとうございます。

今年は記念すべき10回目の楽学祭となります。

10年ひと昔、と言います。ですが、私にとって10年前にこの楽学祭を立ち上げた生徒諸君の情熱と覚悟は、今もそしてこれからも絶対に忘れることができない記憶の一つです。平成21年第1回楽学祭実行委員長の神尾 徹くんが、学校HPに掲げた文章を抜粋します。

―僕たち文化祭実行委員会は、今年の2月から活動を始めました。実際に生徒の前に出たのは6月のことでしたが、それまでの4か月間どうやって文化祭を形づくっていくか模索を続けていました。一から文化祭を変える、ということは思っていたよりずっと難しく手探りの状態で進めていかなければなりません。(中略)ですがみんなが文化祭をよくしたい、という固い意志のもとで日々精力的に活動を行っています。僕は文化祭の成功しだいで、これからの学校生活も大きく変わっていくと思います。だから生徒一人一人が自主性を持ち、大勢の人に拍手を受ける経験が持てるような文化祭を作っていきたいです。―

最後に末川 博先生の言葉を紹介します・・・『理想・志・夢が未来を拓(ひら)く』と。

付中通信第10号 科学の甲子園ジュニア

2018.9.1   高水高等学校付属中学校長 宮本 剛

中学1、2年生を対象とした第6回「科学の甲子園ジュニア」山口県大会が、8月25日、山口市秋穂の県セミナーパークで開催され、本校チームが準優勝となり、昨年度(優勝)に引き続き、今年度も全国大会への切符を手にしました。

大会は1チーム3名で戦うもので、知識や技術だけでなく仲間同士のチームワークも試されます。今年は県内14校から75人、計21チームが出場し、日頃の科学教育の成果を競いました。

本校からは2年生2チーム、1年1チームが出場し、2年生チームがみごと2位に輝きました。1年生チームも総合で13位と健闘を見せました。

優勝を飾った2年生の池本佳希さん、河村慎太郎さん、村上翼紗さんの3名は、12月7日からつくば市で開催される全国大会に、今回優勝の周陽中チーム3人と新たに6人のチームを結成し、出場することになりました。

実は、昨年度は池本くん率いる1年生チームが、1年生ながら初優勝を本校にもたらし、大評判となりましたが、まぐれとの悪評もあって、校長としてはなんとしても入賞して欲しかったのです。

昨年度の池本くんの「筆記でも実技でもうまく協力できた」との言葉が、今もしっかり記憶に残っています。仲間づくりの一つの成果として、本校教員にとっての最高の誉め言葉でした。

?????????

付中通信第9号 地域が子どもを育てる

2018.8.15  高水高等学校付属中学校長 宮本 剛

前回に引き続き、新学習指導要領がらみの話題です。

「アクティブ・ラーニング」型授業、文科省の言う「主体的・対話的で深い学び」=学び方改革に教育界では注目が集まっていますが、もう一つの大きな変化は、「社会に開かれた教育課程」という理念です。「よりよい学校教育を通じてよりより社会を創る」という目標を学校と社会が共有し、両者が連携・協働して子どもたちに必要な資質・能力を育むことを意味しています。

そんなことを、今さら大げさに、と思われるかもしれませんが、学校社会は、理念としてわざわざ掲げなくてはならないくらい、社会に開かれていない社会なのかもしれません。ちなみに山口県の小中学校のコミュニティースクールの加入率はなんと100%に達し、地域と学校が協働して子どもたちを育てていこうというこの県の取り組みが全国的に有名なことはご存じですか。

私は自分自身が居住する地域社会で、もうかれこれ15年間にわたって「地域が子どもを育てる」というコンセプトの下、仲間と一緒に地域の小中学校を地域の活性化を推進する軸において活動してきました。小学生をこの活動(わかりやすく言うと村おこし、かな)に引き込むと、その保護者にも参加してもらえるし、さらにその上の世代のおじいちゃんおばあちゃんにも声をかけやすくなります。ここでは学校が地域を求めるのではなく、地域が学校を求めるという方向で私たちは多くの仲間を得てきました。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、「地域で子どもを育てる」のではありません。「地域が」というところに、実は地域でないと子どもは育てられないというメッセージがありました。文科省もまだこの点には気づいていないでしょうね。

もちろん、私のことですから、本校からは高校生を中心にずっとこの活動にいざなってきました。地域の人々と高校生が交流し一緒に活動する、そんな取り組みを先輩から後輩へと受け継がせる、それが私の15年間にわたるチャレンジとなっていました。

付中通信第8号 共通テストの闇

2018.7.30  高水高等学校付属中学校長 宮本 剛

学校現場、特に高校課程においては、2020年度から始まる新しい入試に対応することと「アクティブ・ラーニング」型授業がどのように結びつくのか、理解できている教員はほとんどいないと思う。なぜなら、文科省の言う「主体的・対話的で深い学び」によって学び方を変えていきたいという意図はわかるものの、その成果がどのように試されるのか、想像が及ばないからである。だから実際の「大学入学共通テスト」の出題を見てから、「アクティブ・ラーニング」型授業の内容や形式を検討すべきだという意見は依然根強い。つまり今はまだ様子見で、本格的に研究にとりかかるのは早計だという考え方である。現場はかくのごとく混乱している。

学習指導要領は10年ごとに改訂され、これまでにも新しい考え方や活動が導入されるたび、教育課程を見直したり土曜日が休みになったり、いろいろな変化が起こってきたけれど、この度の混乱はレベルが違う、まさに明治以降最大の変革と言ってよい。第2次世界大戦後に日本では墨塗り教科書が使用されたが、あの時は学ぶ内容の改革であったのに対し、この度はそれと同じ規模で学び方の改革が進んでいると思えばよいだろう。

そこで私は考えるのだが、そもそも「大学入学共通テスト」のような、答えが1つに集約される形式のテストでは、結局のところ学び方改革の成果を直接図ることは難しいという結論である。つまり「共通テスト」という選抜の形式では、「主体的・対話的で深い学び」という生徒が身につけた学びの態度を測ることは困難だということである。

そうなると、大学入学選抜において考えられる作戦は1つしかない。知識量や応用力を測る「共通テスト」のウエイトは限りなく少なくして、面接や小論文、ディベート、プレゼン、活動履歴等「主体的・対話的で深い学び」によって身につけたスキルを測ることに比重を置いた選抜に変えていくしかない。

つまり、「大学入学共通テスト」をあまり意識しすぎると、当局の比重のかけ方によっては足元をすくわれ兼ねないということだ。